Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

350 West Bowery Street
Akron, OH, 44307
United States

(330) 252-9220

EQDインタビュー:ジェイミー・スティルマン

ブログ

EQDインタビュー:ジェイミー・スティルマン

takahiro tozawa

どうも!アースクエイカーのタカです。今回はなんとウチのボスでたった一人のペダルの開発者、ジェイミー・スティルマンのインタビューです!で、普通のペダル関係のインタビューは彼も腐る程やってるだろうし、EQDのペダル関係の彼の会話は色んな所で見れるので、今回はジェイミーの個人的な機材等に付いて話をしてもらいました。EQDのペダルもそうですが、「王道の所にそのまま行かない」っていう姿勢はやっぱり彼のこだわりから来てるんだなーって再確認させられました。

それでは、日本の皆さんの為に特別にやってくれたインタビューです!


タカ:ジェイミー!今日はペダル以外の話に付いて聞きたいんだけど。EQDペダル関係のインタビューとかは誰でも簡単に探せるからね。いつもライブで使ってるアンプはなに?クリーンにセット出来て、ペダルのノリが良い物を選ぶんじゃないかな?って想像してるんだけど。合ってる?ジェイミーはフェンダー好き?マーシャル?真空管とかソリッドステイトとか。アンプを選ぶときは何を基準にしてる?

ジェイミー:普段自分はフェンダー好きなんじゃないかな?って思ってる。マーシャルみたいな突っ切る様な感じや、プレゼンスのゴリゴリ感より、ハッキリした大きい低音と少し削れた中域が好きなんだ。と言いながらも最近は90年代のマーシャル、スーパーリードのリイシューと使ってるんだけど!ノーマルチャンネルが結構フェンダーっぽいてのに気づいたんだ。その前はミュージックマンのHD130を10年位使ってた。キャビは殆ど場合がマーシャルの8X10。何年もの間色んなキャブを試したけど、この8X10キャブより良い音のキャブなんて無かったよ!

タカ:レコーディングの時は?何か特別に使う様なアンプとか有る?

ジェイミー:基本的にはライブの時と同じ物を使うけど、僕の持ってるスープロの16Tはレコーディングには凄く良いんだ!それを沢山使って来たね。

タカ:お気に入りのギターは?ライブの時のギターも。

ジェイミー:ジャズマスターが大好きで、結構な数を持ってる。僕のメインの二つは色んなパーツで作ったものなんだ。僕のお気に入りは1968年の物なんだけど、壊すのが怖いから使うのはやめたんだ。結構ギターを雑に扱っちゃうんだよね。ライブのギターは1970年のレスポールカスタムとエピフォンのドット、アイバネーズのSGダブルネック。

Jamie-3.jpg

タカ:選ぶの難しいけど、もし1個だけギター選ばなければいけなかったらどれを選ぶ?理由は?

ジェイミー:さっきの1968年のジャズマスターだね。ネックが最高で何でも完璧にこなしてくれるんだ。

タカ:ギターの改造って好き?それともストックでそのまま弾いて、改造とか修理しないといけない物は買ったりしない?

ジェイミー:常に色々変えてるけどね。ピックアップをいつも変えてる。新しいギターを買った時は、まず殆どポットとキャパシターは変えてる。ジャズマスターでもレスポールの配線にしてる。見た目でどんなセッティングで弾いてるか知ってたいんだ(笑)。

タカ:どんなピックアプのブランドが好き?理由は?

ジェイミー:ビンテージな感じの音に関しては、Curtis Novakのピックアップが大好きなんだ。彼はビンテージのピックアップがどんな音がするか分かってる様なんだよね。Lollar Pickupsも大好き。特にImperials。Seymour Duncanの大ファンでもあるよ。

タカ:ピックは使う?どんなタイプ?フィンガーピッキングはするの?

ジェイミー:もう20年位Dunlopの黄色のTorresを使ってる。他の物も試した事が有るんだけど、どうもしっくり来なかった。よく小指を組み合わせてピッキングする。指引きも出来るけど殆どしないね。

タカ:アコギに付いて聞きたいんだけど、アコギは所有してる?ブランドとかボディータイプの好みとはか?ギター、ペダルとかの知識が豊富なのは勿論分かってるけど、アコギの事喋ってるの聞いた事が無い気がする。

ジェイミー:何故かあんまりアコギのファンじゃ無いんだよね。ラウドな雰囲気が持てる物が良いんだけど、アコギはそれに向いてない気がするんだよね。アコギ1つだけ持ってて、僕のおじのダグがくれた1974年のエピフォン。僕がアコギを持ってなきゃダメだ!って無理矢理渡された(笑)。エレキみたいな弾き心地で音も凄く良いよ。暗い音でサステインが凄く良くて。ただギターを弾く時間が有る時には手が伸びないんだよね。

タカ:EQDの仕事で忙しくなる前はいつもツアーに出てたってのは知ってる人が多いんだけど(彼は何年も自身のバンドのツアーでライブをこなし、その後The Black Keysのツアーマネジャーとしても仕事をしてました)ギター屋さんとか質屋さん廻ったりする?俺はバンドのツアーの時は必ずそういうお店をチェックするんだけど。で、何か凄いレアな物が見つかった時とか有る?

ジェイミー:ツアーで廻ってた時はお金を全然持ってなかったから、殆ど何も買わなかったけど、古い farfisa(イタリア製のビンテージキーボード)をアーカンソー州のLittle Rockで買ったくらいだね。今はEQD関係で旅行する時には探すよ。特にヨーロッパと日本では色んな物を買ったよ。やっとTeiscoのTG64を前に日本に行った時に買ったんだ。良い値段で買いたいとずっと探してたからね!

タカ:もう日本には何回か来てるけど、日本のギター屋さんは好き?お気に入りのお店とかある?アメリカとのお店との違いは?何か良いもの日本で買った事有る?(実はいつもジェイミーは他の仕事とかであまり自由時間が無く、俺が先にギター屋さんをあさってレアな物を彼の前に手に入れてしまうので、「コノヤロー!」って冗談?で怒られます笑。ごめんよジェイミー!)

ジェイミー:日本のギター屋さん大好きだよ!こっちよりかなりの数のビンテージ物が有るよね。殆どのビンテージ物で好きな物って日本製なんだ!渋谷のイシバシの中古のコーナーが好きだね。色んな良いものをここで見てる。さっきのTeiscoのTG64とかAceToneのソリッドステートのエコーをこの前に行った時にかったよ。どのお店に行ってもカスタマーサービスがいつもとても良いし、店員さんの知識も有るし、親切だよね。こっちではそんな感じはあんまり無いからね。

タカ:昔の日本製のギターにハマったって言ったけど、そのギターとかまだ持ってる?そんなに好きになった理由は?特にこれが好き!ってのは有る?

ジェイミー:今まで何本も持ってたけど、残っているのは少しだけ。TeiscoのSpectrum VとKawaiのジャズマスター/ジャガー/ストラトのあいのこギターが2本、IbanezのダブルネックSG。...一杯有るね。60年代の日本製の変わったギターは惹き付けられる何かが有るんだよね。少し手直しすればちゃんと使えるものだし、ピックアップの選択の幅がいつもクリエイティブ。それらのヘンテコなピックアップの音も凄く良いし。あの規格外れの古いシングルコイルの音に勝る物は何も無いよね。

タカ:昔の日本製のペダルはハマった事ある?

ジェイミー:勿論!昔のローランド、シンエイ、コルグなんか大好き。コルグのX911とFK-1の二つが僕の一番好きなペダルなんだよ!

タカ:ギターリストとして影響を受けた人って?ギターヒーローとか好きなソングライターとか。

ジェイミー:色んな音楽が好きだけど、お気に入りといったら、 Eddie Van Halen、Jimi Hendrix、my bloody valentineのkevin shieldsとBilinda Butcher、sonic youthのlee ranaldoとthurston moore、 universal order of armageddonのTonie Joy。

タカ:バンドのプロデュースとかはするの?もししないとして、誰かにお願いされたらやりたい?

ジェイミー:若かった頃はバンドのレコーディングをいつもしてたけど、最近はもうずっとやってないね。でも稼働中のレコーディングスタジオを持ってるから何時でも出来るよ!ここ数年またレコーディングに興味を持ち始めてるんだけど、忙しくて遷延する時間が無いんだけどね。

カ:もし誰でも招待出来てスタート出来るバンドがあったら誰を呼びたい?夢のバンドとかは?どんな感じの音楽になりそう?

ジェイミー:今やってるバンド、 RelaxerFringe Candidateが結構そんな感じだよ。ウルサくてカオスながらも、結構複雑だったり前衛的な物が良いんだ。僕の完璧な理想のバンドは”Damaged”の時のBlack Flagと”Close to the Edge”の時のYesをミックスさせた様な感じになるよ。

タカ:Relaxerの事をもっと教えてくれる?ライブの時のスモークと照明の仕掛けが凄くカッコいいんだけど!ジェイミーのアイデアなの?

ジェイミー:Relaxerはもう結構やってるんだけど、進み具合は結構ゆっくりなんだ。6年前にEPを出して、それからアルバムを2枚出してる。元々はシンセベースのヘビーなインディーロックとして始まったんだけど、それがプログロックと沢山の空気感の有る様な雰囲気のバンドに変わって、今はもっとタフなメタルみたいな感じ。ここまでこういう風に変わって来たのは良かったよ。ルールとか変な期待とかは無いから良いよ。確かブラッド(ドラムでEQDのマネジャーの一人です)が最初に照明とスモークマシーンを持って来たんだけど、今は僕がコントロールしてる。(演出を使うと)ただ単にもっと面白くなると思うんだ。思いっきり素人な仕組みで、小さい板にスイッチの付いてる沢山の延長コードが有って、それをオン/オフするだけ(笑)!スモークマシーンがホントに良い相乗効果をもたらすんだ。

タカ:今年は日本に来る予定ある?何か日本のみんなにメッセージを!

ジェイミー:うん!今年の秋に来る予定だよ!日本は大好き。今まで行った事の有る所でも好きな所!知り合った人達はみんな親切だし、食べ物も最高。イベントとかをやると、みんなウチらのやりたい事を理解してくれてる様だし。どこの国でもこんな感じってのは珍しいしね。言葉が通じないのにここまで理解してくれるってのは凄くうれしいよ。日本に戻るのが待ち遠しいよ!アリガト!

 


    Taka Tozawa   アースクエイカーデバイセスのカタログ、説明書、SNSやビデオ等の翻訳を行っている。アメリカ、サンフランシスコ在住。ヒップホッププロデューサーDan the Automatorのツアーギターリストでビンテージ機材が大好物。

Taka Tozawa アースクエイカーデバイセスのカタログ、説明書、SNSやビデオ等の翻訳を行っている。アメリカ、サンフランシスコ在住。ヒップホッププロデューサーDan the Automatorのツアーギターリストでビンテージ機材が大好物。