Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

350 West Bowery Street
Akron, OH, 44307
United States

(330) 252-9220

Avalanche-Run-Stereo-Reverb-Delay.jpg

Avalanche Run

ステレオディレイ&リバーブ

Avalanche-Run-Stereo-Reverb-Delay.jpg

Avalanche Run™
ステレオリバーブ&ディレイ

アバランチ ランは当社の定番ディレイ、ディスパッチ マスターをさらに別次元へ押し上げつつ、使い安さを追求した物です。リバーブとディレイは一緒に使われる事が多いので、これ一つで多様な空間系の音色を再現できるでしょう。リバーブとディレイを同時にも、別々にも使用可能です。そして通常のデジタルエフェクターに有りがちな無機質で耳障りな音色とは無縁です!スタジオクオリティーのプレートスタイルのリバーブとデジタルでありながら暖かく、それでいてクリアな2秒近くまでのディレイタイムを得られます。 アバランチ ランは強力なDSPを採用しており、様々なタイプのディレイ、リバーブを体験できますが、操作性は可能な限りシンプルに行える様に心がけ開発いたしました。一度設定を理解すれば今までには不可能だった空間系の音が体験できます! コントロールは、3つのディレイモード(Normal/Reverse/Swell)、リバーブ調整のDecay、Tap Tempo、True Bypass/Trails、ステレオインとステレオアウトに対応、そしてエクスプレッションペダルを接続して外部から6つの違うパラメーターをリアルタイムに コントロールする事が可能です。 Tap Tempoスイッチはディレイのテンポの設定以外に以下の設定で使用できます。 NormalとSwellのモード時にTap Tempoスイッチを踏み続けるとアバランチ ランを発振させる事が可能です。ReverseモードではTap Tempoスイッチを踏み続けている間のディレイはNormalのディレイに戻りスイッチを話すと再度Rverseディレイに戻ります!



コントロール

 
Avalance-Run-Controls.jpg
 

1. Time: ディレイタイムの設定。0msから最大2000ms近くまで可能です。

2. Repeats: ディレイのリピートの回数の設定。0からほぼ無限のリピートまで設定できます。

3. Tone: ディレイ音のトーンの設定です。原音には影響しません。左に回すと高音を抑え、右に回すと低音が抑えられます。真ん中にセットする事でその中間です。

4. Mix: ディレイ音の音量の設定。1時の方向まで回すと少しずつエフェクト音が原音に混ざり込みます。1時から3時の方向まではエフェクト音が原音より多くなります。3時の方向以降に回しますと最大でエフェクト音のみの出力なります。

5. EXP: 外部のエクスプレッションでどの機能をリアルタイムで調整するかの設定をいたします。

  • Decay-リバーブの長さの調整

  • R Mix-リバーブの音量の調整

  • TIME-ディレイタイムの調整ですが、外部エクスプレッションペダル使用の場合は本体上のノブで調整する物と全く変わります。こちらでのコントロールの場合、本体上のノブでは得られないワイルドな効果が期待できます!

  • Repeats-ディレイのリピートの調整

  • D Mix-ディレイの音量の調整

  • Toggle-こちらはToggleスイッチの役割を外部エクスプレッションが行い、つま先側に踏み込んだ状態で普通のディレイで、かかと側に戻した状態ではリバースディレイになります。リアルタイムでコントロールした場合はディレイの残響音が普通とリバースを徐々に行き来致します!

6. Ratio: タップテンポ使用時のディレイの符割の設定。

  • 1/1 クオーターノート

  • 3/4 符点8th

  • 2/3 クオーターノート三連符

  • 1/2 8thノート

  • 1/3 8thノート三連符

  • 1/4 16thノート

7. Decay: リバーブの長さの調整。左に回すと短く、右に回すと長くなります

8. Toggle Switch (Mode Selector)

  • Both: This is the “standard” delay and reverb mode

  • Reverse: This is reverse delay mode with “standard” reverb

  • Swell: This is the volume swell mode

9. Mix:リバーブの音量の設定。(ディレイの調整時と同じく)1時の方向まで回すと少しずつエフェクト音が原音に混ざり込みます。1時から3時の方向まではエフェクト音が原音より多くなります。3時の方向以降に回しますと最大でエフェクト音のみの出力なります。


Jacks & Signal Path

To Run Mono  Use the left input and output only.

To Run Mono
Use the left input and output only.

To Run Stereo  Use both left and right inputs and outputs

To Run Stereo
Use both left and right inputs and outputs

To Run Mono In and Stereo Out  Use the left input and both left and right outputs

To Run Mono In and Stereo Out
Use the left input and both left and right outputs

Cool Trick  Plugging into the right input and using the left and right outputs will give you an all-wet left channel and a standard mixed right channel while the effect is engaged. You can create dramatic stereo effects by keeping the Mix set low and turning up the amplifier source connected to the left output. The left output will not pass dry signal when the effect is turned off in true bypass mode but trails mode it will still produce the effected signal as long as it is set to decay.

Cool Trick
Plugging into the right input and using the left and right outputs will give you an all-wet left channel and a standard mixed right channel while the effect is engaged. You can create dramatic stereo effects by keeping the Mix set low and turning up the amplifier source connected to the left output. The left output will not pass dry signal when the effect is turned off in true bypass mode but trails mode it will still produce the effected signal as long as it is set to decay.


ギターサンプル

 

ベースサンプル

キーボード&シンセサンプル

 


Tech Specs


寸法 118.11 x 105.41 x 57.15 (mm)


消費電流 410 mA


入力インピーダンス 1 MOhm


出力インピーダンス 100 Ohm


S/N Ratio: 115dB typical


24-bit 96kHz A/D & D/A converters


All analog dry signal path


All digital wet signal path with 20Hz – 20kHz frequency response


Expression Jack

The expression jack is located on the west side of the pedal. It is a TRS jack with the tip acting as the wiper.

  • We recommend using a Moog expression pedal with the output adjustment knob all the way up.

  • We cannot guarantee any other expression pedal to work with the Avalanche Run.


フレキシ・スイッチング

この機種にはフレキシ・スイッチング機能が搭載されています。電子リレー方式のトゥルーバイパスで、踏み方の違いによって、通常のラッチ式のスイッチとしても、モーメンタリースイッチ(アンラッチ式)としても使用可能です。

  • ラッチ方式のスイッチとしての使用の場合は、通常のエフェクターのスイッチの様にオンにしたい時に一回踏み、オフにしたい時にスイッチを再度一回踏み込んでください。

  • モーメンタリー方式のスイッチとしての使用の場合は、スイッチを踏み込んでいる間だけエフェクターがオンになり、一度スイッチを放すとオフになります。

電子リレー方式のスイッチを使用しておりますので、電源が供給されなければ入力された信号は出力されません。


電源

For best results, please use the included 9v center-negative 1-amp DC power supply.